2017年04月15日

操作性ユーザーフレンドリー

耳憑鬼にフローチャートつけたいなと思い立ってから、いろんな美少女ゲームのシステム周りを見て回ってたんですが、最近の商業ゲーはすごい操作性よくなってますよね。

『クイックセーブ』『オートセーブ』は当たり前、自分でセーブして終了しなくても『前回までプレイした続きからスタート』できたり『次の選択肢か次のシーンまで(スキップではなく)ジャンプ(しかも未読部分でちゃんと止まる)』とか『前の選択肢か前のシーンまで戻る』とか、『バックスキップ』で過去方向にスキップすることまで出来るようになってます。
他にも『バックログから任意のセリフの位置にジャンプ』できたり、『気に入ったセリフをお気に入り登録』できたり(当然お気に入りのセリフの位置にジャンプもできる)、至れり尽くせりです。
すごいプレイアビリティがユーザーフレンドリーしてます。
さらにフローチャートも完備となるとどこからでもプレー可能すぎてもう普通のセーブいらないんじゃねぇかな。
耳憑鬼では普通のセーブと普通のスキップしか出来ないんですけど、導入予定のフローチャートモードで任意の既読シーンから自由にスタートできますのである程度プレイしやすくなるんじゃないかなーと思います。

あと地味に凄いなーと思うのは、いわゆる鑑賞モードなんですが、CGモードでタブ2を開いた状態で回想モードに移動し、再びCGモードに戻ってきたときにタブ2が開いたままになってるんですよ!
これね、色々試行錯誤してみたんだけどどうすればいいかわからない。
耳憑鬼でも何とか回想モードや音楽モードをでっち上げてますが、絶対CGモードに戻ったときにタブ1に初期化されますね。
これ何気に商業でもできてるところとできてないところありましたね。
中でも某柑橘類ソフトはさすが過ぎましたね。
かなり細かい「誰も気付かないよ」ってところまで手が行き届いてて感動しました。
友人には「そんなところ作る側の人間しか見ねぇから」って言われましたけど、こういうモノの積み重ねがクオリティを産むんじゃないかなーとも思ったり。

ウチも見習って、出来る限りCGモードの操作性改善しようとしてます。
差分の途中で右クリックしたらキャンセルされてCGモードに戻れるようになったよ!
そう、これ序では出来なかったんだよ!

伸びしろのない業界とは言いますけど、こういう感じの細かい所、10年前とか15年前からは地味だけど確実に進歩してますよ。頭が下がります。
event_benkei03.jpg
ちゃんとCGも描いてますよー
posted by おもむろに at 18:12| Comment(0) | TrackBack(0) | みょんで

2017年04月10日

コミティア当選!!

タイトルの通り、コミティアに当選いたしました。
やったー!
場所は「K04a」
おもむろには、『耳憑鬼』の序を持っていくつもりです。
獅については、いまだ開発中につき持っていく予定は今のところありません。もうしばらくお待ち下さい。

じゃあ、コミティアで何も無いのかというとそういう訳でもありません。
なんと今回、コミティアの部活『ノベルゲーム部』の活動に参加させていただくにあたり、初参加ながら望外の大役を任せていただく事となったのです!(詳細はまだ秘密です)
なので、熱狂的なおもむろにファンの方がもしいらっしゃるのであれば、ちょっと良いことがあるやもしれません。

ということで、ゴールデンウィークの終盤、もし時間がありましたら是非スペースまでおこし下さい。
ちなみに当日は、桜井AJが一人でスペースに座っている予定です。
コミティアがどんな感じのイベントなのかはいまいちまだ想像がついていませんが、多分時間はあると思うので立ち寄った際は気軽に声を掛けてみて下さい。

そういえば今回のコミティア、5000サークルほどの応募があり、不備があるもの以外は全て当選して埋まったとのこと。
今更ながら、この全て?がオリジナル作品を作っているサークルだと考えると、なかなか凄いですね。
綺羅星の如く集まったオリジナル作品の中で埋没せぬよう、我々も頑張ろうと思います。
posted by おもむろに at 05:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 製作日誌

2017年04月01日

暖かくなってきました

こんにちは。
4月1日は何かをしなければいけない、そんな気になる日ですね。
大手企業さんはそんなリソースどこにあった?的なことをやってるところがちらほら…楽しませて貰ってます。

話は変わります。
先日、ツイッターで万人受けする物語の骨子と言うものを見ました。
そこで、その骨子を用いて物語のあらすじを雑に作ってみて面白そうかどうかを試してみたいと思いました。
以下はそのあらすじです。

一人の男子高校生がいた。
学校で彼は孤独だった。
思春期特有の将来に対する漠然とした不安が彼を襲っていた。
退屈は嫌いだ。
そんな時、現状を変えようと部活を立ち上げることを発起する。
彼は、知恵を使って部活を盛り上げ部員を確保し、部室も勝ち取る。
すると友達ができ、特定の女の子とも仲良くなった。
部活を立ち上げた、そのことに間違いはなかったと彼は、感じる。
続けることで先生にも認められるようになってきた。
これらの経験は彼の将来への漠然とした不安を解消し、精神的な満足を与えた。

終わり。


どうでしょうか?
面白そうでアレば、成功なのですが。
posted by おもむろに at 19:11| Comment(0) | TrackBack(0) | むらさき

2017年03月19日

開発経過

先月の話なんですが、うちの耳憑鬼制作に使用させていただいてるゲーム開発ツールであるlivemakerが数年ぶりに更新され、正式にWindows10への対応が公表されました。
一時期はwin10への対応はしないという噂があったり、開発継続も絶望視されてたのでありがたいことです。
それにともない今後はwin98〜XPまでは対応対象外となるようです。
まぁlivemaker製のゲームは以前から(耳憑鬼含め)win10でもちゃんと動いてたみたいですし、中身が変わったわけじゃないそうなので、たぶん今後もXP以前のOSでも動くと思うけど。

そんなわけでwin10でもプレイできます、と言えるようになった耳憑鬼ですが、
獅の開発において、回想モード、サウンドモード、フローチャートモードの実装を試みています。
livemakerはプログラミングが出来ない人でも簡単にノベルゲームが作れるツールですが、やはりちょっと突っ込んだことをやろうとすると色々と難しくなってきて、フローチャートは特にややこしくて大変でしたが何とかちゃんと動作するようになりました。
フローチャートの導入で既読シーンは飛ばせるようになりますので、結構快適になるんじゃないかと。
jjス.jpg
こんな感じでもうゴチャゴチャで管理がしんどいし、難しくて頭おかしくなりそうだけどゲーム作ってる感あってlivemaker楽しいです。
posted by おもむろに at 21:04| Comment(0) | TrackBack(0) | みょんで

2017年03月12日

初参加

あっという間に3月。
元日に誓った今年の抱負の達成度はいかがでしょうか。

おもむろには、今年こそ色々がんばるぞという抱負のもと次回のコミティアに申し込みました。

これまでも、ずっと参加しないといけないなーとは思ってたオリジナル作品の最大級イベント。

ノベルゲームのオリジナル作品の発表の場というのは実際かなり限られているし、
この前のコミケでも端っこに追いやられてしまいました。

オリジナル最大級のイベントであるコミティアでも、「ゲーム」となると扱いはそれほど大きく無いんでしょうが、そこは実際に行ってみないとわかりませんし、コミケよりは多分見に来てくれる人も増えるはず(?)
それに我々には失うものは無いので、とにかく飛び込んでみるべきだということで初参加を決めた次第です。

また、以前耳憑鬼の紹介レビューを書いてくださったM.Mさんにお誘いいただき、コミティアのノベルゲーム部という活動にも参加する予定です。
こういった活動はあまりしたことがないので今から少し緊張していますが、良い交流ができればいいなと思ってます。もしコミティアにいらっしゃる予定があれば遊びに来て下さい。
コミティア参加を目標に、獅ルートの開発にも、いい意味で緊張感が出るはず!

ということで、5月の1週目。ゴールデンウィークの終盤に東京に行くことになりそうです。
よろしくお願いいたします。

(とはいえ、まだコミティア自体に当選していないのでどうなるかわからないけどね!)
posted by おもむろに at 04:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 桜井AJ