2017年04月01日

暖かくなってきました

こんにちは。
4月1日は何かをしなければいけない、そんな気になる日ですね。
大手企業さんはそんなリソースどこにあった?的なことをやってるところがちらほら…楽しませて貰ってます。

話は変わります。
先日、ツイッターで万人受けする物語の骨子と言うものを見ました。
そこで、その骨子を用いて物語のあらすじを雑に作ってみて面白そうかどうかを試してみたいと思いました。
以下はそのあらすじです。

一人の男子高校生がいた。
学校で彼は孤独だった。
思春期特有の将来に対する漠然とした不安が彼を襲っていた。
退屈は嫌いだ。
そんな時、現状を変えようと部活を立ち上げることを発起する。
彼は、知恵を使って部活を盛り上げ部員を確保し、部室も勝ち取る。
すると友達ができ、特定の女の子とも仲良くなった。
部活を立ち上げた、そのことに間違いはなかったと彼は、感じる。
続けることで先生にも認められるようになってきた。
これらの経験は彼の将来への漠然とした不安を解消し、精神的な満足を与えた。

終わり。


どうでしょうか?
面白そうでアレば、成功なのですが。
posted by おもむろに at 19:11| Comment(0) | TrackBack(0) | むらさき

2017年03月19日

開発経過

先月の話なんですが、うちの耳憑鬼制作に使用させていただいてるゲーム開発ツールであるlivemakerが数年ぶりに更新され、正式にWindows10への対応が公表されました。
一時期はwin10への対応はしないという噂があったり、開発継続も絶望視されてたのでありがたいことです。
それにともない今後はwin98〜XPまでは対応対象外となるようです。
まぁlivemaker製のゲームは以前から(耳憑鬼含め)win10でもちゃんと動いてたみたいですし、中身が変わったわけじゃないそうなので、たぶん今後もXP以前のOSでも動くと思うけど。

そんなわけでwin10でもプレイできます、と言えるようになった耳憑鬼ですが、
獅の開発において、回想モード、サウンドモード、フローチャートモードの実装を試みています。
livemakerはプログラミングが出来ない人でも簡単にノベルゲームが作れるツールですが、やはりちょっと突っ込んだことをやろうとすると色々と難しくなってきて、フローチャートは特にややこしくて大変でしたが何とかちゃんと動作するようになりました。
フローチャートの導入で既読シーンは飛ばせるようになりますので、結構快適になるんじゃないかと。
jjス.jpg
こんな感じでもうゴチャゴチャで管理がしんどいし、難しくて頭おかしくなりそうだけどゲーム作ってる感あってlivemaker楽しいです。
posted by おもむろに at 21:04| Comment(0) | TrackBack(0) | みょんで

2017年03月12日

初参加

あっという間に3月。
元日に誓った今年の抱負の達成度はいかがでしょうか。

おもむろには、今年こそ色々がんばるぞという抱負のもと次回のコミティアに申し込みました。

これまでも、ずっと参加しないといけないなーとは思ってたオリジナル作品の最大級イベント。

ノベルゲームのオリジナル作品の発表の場というのは実際かなり限られているし、
この前のコミケでも端っこに追いやられてしまいました。

オリジナル最大級のイベントであるコミティアでも、「ゲーム」となると扱いはそれほど大きく無いんでしょうが、そこは実際に行ってみないとわかりませんし、コミケよりは多分見に来てくれる人も増えるはず(?)
それに我々には失うものは無いので、とにかく飛び込んでみるべきだということで初参加を決めた次第です。

また、以前耳憑鬼の紹介レビューを書いてくださったM.Mさんにお誘いいただき、コミティアのノベルゲーム部という活動にも参加する予定です。
こういった活動はあまりしたことがないので今から少し緊張していますが、良い交流ができればいいなと思ってます。もしコミティアにいらっしゃる予定があれば遊びに来て下さい。
コミティア参加を目標に、獅ルートの開発にも、いい意味で緊張感が出るはず!

ということで、5月の1週目。ゴールデンウィークの終盤に東京に行くことになりそうです。
よろしくお願いいたします。

(とはいえ、まだコミティア自体に当選していないのでどうなるかわからないけどね!)
posted by おもむろに at 04:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 桜井AJ

2017年03月01日

もうすぐ春ですね

こんにちは。
外に出ても寒さによる痛みを感じなくなってきました。
春がそこまできているようですね。

全然話は変わりますが、私は今とても欲しい同人誌があるので同人ショップで売ってるところはないかと探しています。
その際に気づいたのですが、どうやら4年前にとらのあなが京都にできていたようです。
京都で同人が欲しいと言えばメロンブックスしかない、と思っていたので驚きました。
アンテナを張ってないとこう言う当たり前?のことにも疎くなってしまって嫌ですね。
更に用もなく寺町の辺りをぶらぶらする性格ではないので、こういう変化に気づかないのでしょう。

01b7045006c5a2639e935efe1eed88049fda814829.jpg

今更ですが元旦の神社の様子です。
ぅゎ…ひとぉぉぃ……。
posted by おもむろに at 15:29| Comment(0) | TrackBack(0) | むらさき

2017年01月28日

背の高さとか低さとか

耳憑鬼キャラクターの立ち絵は自前の身長比較表に追加してズラーっと並べてあるんですが、いつの間にやらそれなりの人数になってきたので結構壮観です。
使うかどうかわからない人もいますが一応全員しっかりと身長設定してあって、ゲームで立ち絵が並んだときにちゃんと差がわかるようにしています。

昔プレイしたゲームでとてもかわいいヒロインがいました。
そのヒロインは立ち絵を見た限りでは他のヒロインよりも高い方でした。160cmある他のヒロインより明らかに高かったんですよね。でもすごく可愛い子だったので大変お気に入りでした。
それが、後に明かされた身長設定で150cmもなかったことがわかったんですねー。
ゲームに組み込む段階で情報伝達ミスとかあったんでしょうか。
プレイ中に身長について言及されるようなことはありませんでしたから不都合はなかったですし、背が高く見えても可愛いのには変わりなかったんですけど、小柄な子好きなボクとしてはただただ「勿体無い…勿体無い…」と言う感想しか出ませんでした。
小さいって見た目で分かれば、その分色々捗るじゃん。捗ったのに。

まぁそういうことがないようにですね。
小さい子は小さく見えるべきですよね。
大事です。
chara_胡蝶さんの後輩.jpg
ちなみにこの子はそこそこ大きい。
posted by おもむろに at 15:17| Comment(0) | TrackBack(0) | みょんで