2017年09月25日

夢の話

先日夢を見たんですよ。

夢の中で私は、将棋の羽生善治さんと対局するという恐れ多いことになっていて、
しかも対局までの時間をつぶそうと提案された羽生さんに連れられウィンドウショッピングをすることに。
自分たち以外、誰も居ない無人のショッピングモール。
そこを歩いていくと、百貨店のショーウィンドウに『カニの甲羅で作られた鎧兜』が展示されておりました。

カニ・・・?(困惑)

「平安時代、お金の無い兵士は鎧兜の材料にカニの甲羅を使っていたんですよ。」
と、カニの甲羅を愛でながら私にやさしく解説してくれる羽生さん。
「さすが羽生さん、何でも知ってるなー。」・・・と納得して目が覚めました。



意味がわかりません・・・・・・



まぁ、こんな感じで頭の悪い夢を見ている私なわけですが、みなさんは最近どんな夢を見ましたか?
夢というのも面白いもので、何のために見るのか、どういう意味があるのか、そもそも夢とは何なのか、非常に身近な現象でありながら学術的にはまだよくわかっていないのです。
心理学のある分野では無意識のあらわれであるとか、脳科学の分野では記憶の整理をしているだとか諸説ありまして、
最近ではAIを使った研究なんかもされていて、知の開拓者たちのフロンティアのひとつとなっているようです。

フィクションの世界でも夢というのは昔から扱われる題材のようで、『胡蝶の夢』とか『邯鄲の枕』のような古典から現代にいたるまで、様々な作品で扱われています。
最近ヒットしたものだと『君の名は。』でしょうか。
フィリップ・K・ディックの名作SF『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』というタイトルも有名ですね。
内容にはあんまり夢は関わってきませんが・・・

夢というのは身近でありながらよくわからないもの。
自分の中から出てきたものであるはずなのに、自分にも理解できないもの。
夢を見ている自分は現実なはずなのに、見ている夢は現実のものではない。
『どこにでもあるのに、どこにもない』『確かに見たはずなのに目覚めればすぐに消えてしまう』
という存在感と儚さ、現実と非現実が混在したものです。
ひょっとしたら私達はそういったものだから夢に魅了されるのかもしれません。
幽霊とか、妖怪とか、都市伝説とかに惹かれるのと同じように・・・


耳憑鬼においても夢は重要な要素として出てきます。
新夜くんを悩ませてる悪夢として。
彼の見る悪夢が何なのか、彼にとってどういう意味を持つのか。
答えがわかるのはまだまだ先になりそうですが、どうかお楽しみに。
posted by おもむろに at 18:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 真朱麻呂

2017年08月26日

はじめまして

はじめまして。

今月から耳憑鬼の制作に加わらせてもらうことになりました真朱麻呂と申します。

実は『序』のもう、ほんと完成間際にちょこっとだけお手伝いさせて頂いたりしたのですが、このたび正式に「おもむろに」の一員として耳憑鬼に参加させていただくことになりました。

約6年ぶりの同人活動なので戸惑いもありますが、それ以上に耳憑鬼に関われること、好きなものを創作できることへの喜びでいっぱいです。
どうぞ、よろしくお願いします。

ちなみに耳憑鬼で好きなキャラはハンナちゃんです!
posted by おもむろに at 14:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 真朱麻呂