2018年05月19日

環境整備と動機づけ

脳みそも肉体のひとつであるということで、適度な運動は創作にも良い。
というわけで最近は運動をしたりしてるんだけど、結局こういうのって思いついた時にスッとできるかどうかが重要だったりする。
何かをするための準備って、とてもめんどくさい。
やりたいと思って、自ら率先してやるもじゃない場合は特に。
だから、部屋を片付けてからじゃないと使用できない運動器具なんかは、すぐに使わなくなる。

でも、何か器具があった方がやる気が出るのもまた事実。
別に筋トレするだけなら、ぶっちゃけ器具なんて要らないんだけど、器具があると効果的に楽しくトレーニングができたりするし、せっかくあるんだしという動機づけにもなる。
何も器具が無いとそもそも筋トレやろうという発想がなかなか出てこなかったりもするので、この手の動機づけはバカにならないものだ。

つまり自宅に器具を常時つかえる筋トレルームみたいなのがあると良い。
プロスポーツ選手じゃねえんだからそんなもん作ってられないのが現実だが。

さて、この話は創作についても似たような事が言える気がする。
いつでも使える環境、動機づけ。
…が、いくら創作のペースを上げたいからといっても、さすがに創作専用ルームみたいなのを自宅に作るのは難しい。
ならば、いつも使っている机とは別にもう一つの創作デスクみたいなのを作るというのはどうか。
創作専用パソコンとか椅子とかを用意すれば動機づけに良いのかも知れない。
一応、PCの画面を耳憑鬼のキャラで埋めていたりして動機づけみたいなことは行ってきたのだけど、流石にもう効果が薄いと実感していたところだし、少し検討してみる価値はあるかもしれない。

もしも買ったら報告やインプレみたいなことをするかもしれない。
期待せずに待っていてほしい。
posted by おもむろに at 09:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 桜井AJ

2018年04月08日

作業場所を探す旅

散歩がてら、作業場所を探す旅。
条件としては、電源があって長時間いても大丈夫な場所。
検索してヒットした中之島図書館へとやってきた。

IMG_20180404_175103.jpg
建築自体もなかなか格好良さげで、ゲームの背景に出したくなる感じ。

IMG_20180404_180351.jpg
中もなかなか雰囲気のあるデザイン。

ハンナでも出てきそうだ。
flash.jpg
…でも床は結構ギシギシ鳴ってた。
よく建て替えとかの問題になる歴史ある建物も、中に入ると床板がギシギシ鳴ったり腐ってたりするんだろうな。

この図書館、なんだかんだで片道自転車40分くらいかかるので、作業スペースとして利用するとしてもちょっと散歩したいって時に限る感じになりそうだった。
あと、帰りに雨に降られて軽く体調崩した。
創作には健康が必要なので注意しよう。
posted by おもむろに at 07:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 桜井AJ

2018年03月07日

ガンダーラ

得意な作業、不得意な作業がある。
没頭できる作業、なかなか没頭できない作業がある。
例えば、自己添削なんかはわりと没頭できるし得意な方だと思う。
あと、実装段階のスクリプト打ちは楽しいし没頭できる。

でも、プロットから物語を起こしていく作業、脳内からモノを取り出してくる作業はなかなか大変。
自宅でもやろうとするけど、集中・没頭が難しい作業をするには色々と誘惑が多い。
プロの漫画家がファミレスや電車の中でネタ出しをするというのを参考にして、色々やってみたりすると、たしかにうまくいく時もある。

しかしいつもうまくいく訳ではなくて、体調にも左右されたりする。
そういう中で、自分が一番うまくいく環境を探していく必要がある。
できれば自宅にそういうのを作り上げられればいい。

うーん、しかしずっとこんなこと言ってる気がするけどなかなか難しい。
約束の地はどこにある……。
posted by おもむろに at 21:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 桜井AJ

2018年02月03日

そざいしゅざい

ゲーム作ってて地味に大変なのは、背景素材の準備。
特に室内が厄介だ。
耳憑鬼には「夜のお店」や「廃墟」が割りとよく出て来るけど、こういうピンポイントな室内の背景素材というのはなかなかない。
あと、キャラクターに似合う部屋も難しい。
何かのショールーム的な素材はあっても、家具や小物で雰囲気を出すことができない。
これはなかなかに頭の痛いところで、苦労している同人サークルも多いのではないだろうか。
まぁお金があれば、背景素材作ってる人に頼めばいいんだけど耳憑鬼は資金が潤沢とはいえないので…。

しかし街角の写真は結構撮れるし、耳憑鬼のキャラがいるのを思い浮かべながら写真を撮るのは楽しい。
なので、メンバーが撮った写真が素材フォルダにどんどん溜まっていくのであった…。
IMG_1272.JPG
いい感じにうらぶれた街角。
こういうのを見かけると思わず撮りたくなる。
posted by おもむろに at 07:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 桜井AJ

2017年11月24日

シワスヤバイ

年末ということもあるのだろうけど、最近時間がない。
用事やら仕事やらがやたらと舞い込んでくる。
同人ゲームというのは時間がないと作れないなあというのを再確認させられている。
あとモチベーションも。
それから技術も。

いやあ、そういうことを考えると同人ゲームって何か奇跡的な産物だなあ。
完成させられればそれだけで凄い。マジで。

耳憑鬼は最近携わるメンバーの私生活が色々と激動の時期にあるので
なかなか先行きが不安な所もあるけど、完成しないというビジョンだけはないので
きっとだいじょうぶ。

でも冬コミはやばい…。
posted by おもむろに at 08:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 桜井AJ