2017年08月19日

さおりん

夏コミに参加された皆様お疲れ様でした。

何だかんだウチのサークルはこれまで初参加から連続で当選してきたんですけど、その度に無料体験版だ何だと完成品を中々出せずにいたところ、ついに今回落ちちゃったということで。
真面目に耳憑鬼を完成させなさいとコミケの神様に言われたのかもしれないですね。
冬コミ目指して気持ちを新たに頑張りたいと思います。
次もまだ西館工事中で会場狭いままという噂を聞いてるのでどうなることやらという感じではありますが。

さて今回はこの子について
saori.jpg

序のパッケージの後ろの方で何か妖しい感じに絡み合ってる子、植田早織先輩。
どう見ても重要キャラな扱いの通り、序ではメインキャラクターを務めます。主役と言っても過言ではないかも。
耳憑鬼序は、主人公の新夜に想いを寄せる薄幸の美少女が、己の願いを叶えるために健気に奮闘するお話です。

というわけで「気弱そうで、如何にも純情で可愛い(あざとい)」をテーマにデザインしてあります。
小柄で柔らかそうで何となく守ってあげたくなる系女子という感じ。
でも両手を胸元でギュっとしてるところなんか、自分が可愛いってわかってる感じしますね。騙されない方がいいと思う。髪の毛もピンク系統だしね。

ちなみに伝奇ゲーで「さおりん」とか「かおりん」みたいな名前見ると何かを思い出す気がしますが、たぶん特に関係なく、ウチでは単に「先輩」って呼ばれることが多いです。
そんな彼女に妖しく迫る魔の手から、果たして新夜は先輩を救い出せるのか!?

…なーんて。

先輩の物語の結末については、序の2つのENDを見た後に出て来る追加ルートのタイトルが示す通りですので是非とも皆様ご自身の目で確かめてほしいところです。
彼女の道ははじめからこうだったのです。かなしいね。
posted by おもむろに at 08:09| Comment(0) | TrackBack(0) | みょんで

2017年07月27日

ぅゎょぅι゛ょっょぃ

うちのサイトのトップや耳憑鬼のパッケージ等にドーンと使われていて如何にもメインキャラですみたいな扱いの"赤い耳憑鬼"こと弁慶さん。

低身長、無口でぶっきらぼう、人外、猫耳、アホ毛、太眉、スパッツ、正義マフラー、強さ、そして真っ赤なカラーリング。
キャラデザについては個人的な好みをダイレクトにぶち込んでありますが、こうして並べると中々属性が山盛りという感じですね。
彼女は序の終盤にその片鱗を見せてくれたように、とても(物理的に)強い女の子です。
強キャラロリっ子いいよね、ロマンある。ロリisパワー。
ちなみに身長はかなり低いです。自分でも設定してて「大丈夫かな?」とは思ってたんですが、色々調べてみたらもっと低いキャラクターも世の中には結構いるんですよねぇ。
業界の闇は深い。
俺なんてまだまだだったわー。

耳憑鬼はそんな弁慶とのボーイミーツガールから始まる物語です(弁慶より先に出会ってる耳憑鬼いる気がするけど…)。
序において唐突に訪れた非日常。そこで出会った少女。
獅では多くの謎を抱えたまま回帰した日常の中に弁慶という異物が混入し、再び非日常が物語を侵食していきます。

現状では少年少女の距離は前途多難ですが早くデレデレする弁慶見たいですねー。
うちの主人公くんは逆に結構身長高いんで並ぶと中々犯罪臭がヤバイんですが、彼には是非自分の妹と比べても更に(物理的に)小さい子をコマして依存させてドロドロにしてやってほしいもんですね!(そういうゲームじゃないけど)
benkei.jpg
posted by おもむろに at 00:10| Comment(0) | TrackBack(0) | みょんで

2017年06月27日

クイックセーブ実装します。

以前の記事で少し触れたんですけど耳憑鬼 序はクイックセーブ機能ついてなかったんです。
これは制作エンジンのlivemakerに「そういった機能がない」と思い込んでたのが原因なんですが、あれからちょっと色々調べてみたら実はクイックセーブっぽい機能を簡単に作る方法があったんですね。
チャート呼び出しノードを使う方法と、計算ノードを使う方法の2通り。

まぁこれどっち使っても微妙に思い通りにいかない部分はあるんですが、とりあえず問題なく動作するようになったんで耳憑鬼 獅からはクイックセーブ出来るようになります。やったー!
oi.jpg
地味にマウスオーバーでボタンの名前表示されるようにもしたよ!
posted by おもむろに at 20:51| Comment(0) | TrackBack(0) | みょんで

2017年06月05日

耳憑鬼なんて制作してるわけなんですけど、最近人間の耳が好きになってきました。

昔はそうでもなくて、むしろ描くの面倒で苦手だったんですよね。
こういう萌絵を描くようになった当初は出来るだけ髪の毛で隠したりして誤魔化してた時期があった気がします。
まぁそれでも耳の見えてるキャラクターの二次絵を描いたり、耳憑鬼のキャラデザとかするようになるとやっぱり耳を描かないわけには行かなくなってくるわけで、段々描くようになったんですが、なんかあんまり納得行かないなと常に頭の片隅にモヤモヤが残っている感じでした。

それで最近ちょっと自分で納得できるように観察し直したんですよね。
それ以来、何となく耳って可愛いな、とかエロいなとか思うようになってきたわけです。

アニメや漫画を見ていても耳の描き方に注目してみると意外といろんな描き方があって面白いんですけど、結局は現実の耳が一番可愛いような気はします。
もちろん絵として描くならリアルすぎると意外と生々しいので適度なデフォルメはやっぱり必要なんですが。
sンバス.jpg
最近は割りと可愛い耳がかけるようになってきた気がする。
posted by おもむろに at 01:04| Comment(0) | TrackBack(0) | みょんで

2017年05月07日

コミティアお疲れ様でした

おかげさまでつつがなくコミティアを終えることが出来ました。
ご来場下さった皆様も、ノベルゲーム部として一緒に活動してくださった皆様も大変お疲れ様でした。

これまでウチのサークルは同人ソフト業界のことをほとんど知らないまま手探りでやってきたので、素人が大海原を小舟で進んでるような感じでしたが、今回同じノベルゲーを生業とする方々と交流を持たせていただいていろんな刺激を貰うことが出来ました。
また、僭越ながらキービジュアルのイラストを描かせていただいたことも感謝しております。
「俺の絵でもイケるんやな!」という自信も貰えましたし、逆に足りないところへの自覚も深まりました。
色々と貴重な体験をさせていただきましたので、得たものを今後に活かさねば!

Twitterの方でもつぶやいてますが、今回配布した『耳憑鬼 序』のトールケース内に、フリーペーパーが入ってます。
コミティア用ではなく、昨年末の冬コミで作成したものなんで文面等は古いままなんですが、記載されてるURLは現在も使用可能です。
『序』の通常ENDからそのまま繋がる続編の『獅』体験版ですので、『序』をプレイし終わった方は是非こちらの方も楽しんでいただけたらと思います。
『序』ではまだわからなかった耳憑鬼という存在の謎について明かされたり、新キャラが数名登場したりします!

おもむろには、現状はこの『獅』の開発中です。
『序』ではフリーBGMオンリーでしたが『獅』ではタイトル画面を始め自作BGMを数曲追加、演出の強化、フローチャートシステム実装など、日夜パワーアップしてます。
もちろんシナリオやCGも、一層力を入れて製作中ですのでしばらくお待ちいただければと思います。

ひとまずコミティア終わったのでお休みしてから頑張ります!
新規キャンバス.jpg
posted by おもむろに at 11:16| Comment(0) | TrackBack(0) | みょんで