2017年11月16日

年をとる度、まだ自分は若いなって思ってしまう理論

こんにちは、むらさきです
外は寒くなってきましたしコミケにも当選しましたし年末の足音が着実に近づいています。

背後から足音が…と言えばホラーですね。
まあ全く関係ないのですが、私はホラーが苦手でして急にビックリさせるタイプの映画やゲームは進んで見たいと思えない人間です。
少しばかり昔、人の家に行った時にホラーゲーム(ゾンビゲー)をプレイしているところを後ろから見る機会がありました。
人の解説付きでプレイを眺めているのは、今で言うところのゲーム実況ですが、あの時は恐怖が薄まり冷静にホラー作品を分析できました。

・恐怖は蓄積する
ホラーモノのゲームや映画で例えば暗い廊下の曲がり角、例えばまだ入ったことのない部屋への扉、暗がりから急にゾンビやサイコが飛び出しプレイヤーや視聴者を驚かせてくるのでは?と疑い恐怖に備えますよね。
たとえ暗がりからゾンビやサイコが出なかったとしても次の曲がり角では?次の部屋では?と疑いが重なります。
この時、疑いと同時に恐怖は蓄積するようです。
ゾンビが出てきた時、対処する為に疑い備える行為が恐怖を増す材料になっている。
なんとも理不尽です。
ホラー映画は言うに及ばずホラーゲームもその辺りを心得ているらしく視聴者やプレイヤーは怖い雰囲気に恐怖しているなんて状態。
ゾンビやサイコがいるって言う事実だけあれば十分で人を驚かせ怖がらせることができる…。
塩梅の問題ですがゾンビやサイコを出し渋るのも手法の一つなのですね。

ホラー作品には人を驚かせようとする技術があり、分析すれば参考になるのかな…などと考えていた次第です。
posted by おもむろに at 03:30| Comment(0) | TrackBack(0) | むらさき

2017年10月05日

エモみが深い

人の感情を動かすことが感動と言うのなら、どうすれば人を感動させることができるのだろう。

分かりやすく感情の動くシーンと言えば人の死だと思います。
劇的な命の喪失はそれだけで感情を揺さぶります。
それは視聴者だったりプレイヤーだけでなく劇中のキャラへも影響を与える。
その死と言うシーンから主人公ないし他のキャラクターが成長、学び前へ進んでいく姿もまた感情を揺さぶるものになります。

自分の中でこのテーマでちゃんと語れる作品はガンダムくらいなので、具体例を交えて個人的な見解をシーン毎に分解して考えてみたいと思います。

ケース:コロニー落とし
地球の総人口を半分に減らすコロニー落としは作中、地球の人口を半分にする以外の被害は詳しく説明されず人間の愚かしさを表現する出来事と言うだけに留まっている。
歴史背景の様な扱い?

ケース:パオロ艦長の最期
正規のホワイトベース艦長の死、ホワイトベースの乗組員が独り立ちするキッカケ、頼れる大人の脱落、行く先の不安

ケース:ガルマの最期
シャア視点での仇討ち、目標の達成、ギレン視点での政治の道具

ケース:ランバ・ラルの最期
印象的な強敵の最期、生身の人間が死ぬところを見せつけ戦争がどう言うものかを実感させる

ケース:ララアの最期
戦争の無意味さ、無情さ、理不尽さ、想い人の喪失、長く続く遺恨の始まり

軽く思いつく限り書き出してみました。
作中死の与える影響には種類があり、それを視聴者が飽きないように見せていて画期的だったんだなあ…なんて。
作中のキャラクターからしたら堪ったものではない訳ですが、そこは悲しいけどこれ戦争なのよねって。
これが言いたかっただけ。
posted by おもむろに at 04:01| Comment(0) | TrackBack(0) | むらさき

2017年09月03日

博打

賭けと言う要素は緊張感を生みやすい。
そういう意味では博打と戦いというのは似てるように感じます。
そこで賭け描写に置いてその緊張感を生み出す要素を分解して考えてました。

・賭け金
当然賭け金が大きい程、比例して緊張は高まる。
お金は勿論のこと知識などの財産(ラスボスの弱点)、生活(負けたら地下施設)、命に関わるモノ(魂、血)などなど。
キャラクターの背景と賭け金が天秤に掛けられる描写、引くに引けない状況。
そしてそれらを賭けるに足るリターン。

・技術
駆け引き、先読み、ハッタリなどの心理戦やイカサマがうまくいくかどうか。
特にこの要素は個人間の賭博において色が強くなると思います。
相手の手を読み、自分の技術や手札、ゆさぶりが緊張に繋がります。

・間
上記の要素から生まれるモノで賭け描写にはなくてはならないものではないでしょうか?
イカサマやはったりを振り返り、自分の賭け金とリターンを想像する時間。
限界まで技術を出し尽くし相手の上を取れたかどうか。

書き出してみるとこれらは戦闘描写でも重要なモノが多く含まれてると感じます。
博打と戦闘が似てると言うのは強ち間違いのではないか。

間違いなければ良いなあ…。
posted by おもむろに at 06:38| Comment(0) | TrackBack(0) | むらさき

2017年08月03日

暑気払し

毎日暑い日が続くのでバイクで風になっています
当然日中、街中をバイクで流しているとアスファルトの照り返しや足の間に挟まったエンジンからの発熱、蒸し暑い風に苦しみます
そんな時は、家に帰り入浴…風呂上がり直前にお湯を張った桶にハッカ油を2,3滴たらし体にかけます
その後クーラーを効かせた部屋で扇風機を浴びれば…さむい!!!!

めっちゃ寒いです…
入浴後1時間程この状態が続くので余りの暑さに辟易した時は試すのも良いかも知れないですね
posted by おもむろに at 21:29| Comment(0) | TrackBack(0) | むらさき

2017年07月04日

バイト感覚で就職するのパワーワード感

みなさんお待ちかね!

冬に就職を叶えた筈なのに出勤1日目で離職する男、むらさきが再び就職の最前線へ帰ってきました

彼の次の職場は土日祝日休みの残業なしを標榜する優良企業

しかし、その裏では陰謀を企てる上司達が、むらさきに恐るべき罠を仕掛けていたのです

高機動離職戦士むらさき『退職届?そんなものは3日前に出したよ』に、レディ・ゴー!
posted by おもむろに at 01:38| Comment(0) | TrackBack(0) | むらさき