2018年06月09日

貴サークルは金曜日西地区"ゆ"ブロック27bに配置されています。

というわけで夏コミ当選しました!
今年は私自身も東京に行けそうで楽しみです。



この梅雨時期、蒸し暑くなり辛い日が始まります。
創作物も、もやもやし締りが悪くなることがあります。
そこでその原因について考えてみました。

物語上、登場人物が良いことをすれば賞して悪いことをすれば罰する。
創作物でカタルシス、爽快感を得るために信賞必罰は重要な要素のではないでしょうか。
この信賞必罰が正しく行われなかった時にもやもやが発生し、締りが悪くなるのでは?と考えました。
ではこの信賞必罰を物語上に取り込む上で注意しなければいけないことをまとめてみれば役に立つのではないか…
しかし単に信賞必罰と言ってもイメージにし難い…ですので累積するポイント制にして例えを出して考えてみたいと思います。

例…
悪役Aが序盤に悪いことをする−1(悪いことしたポイント)
(悪役Aが野放しになっている時間−1)
悪役Aが中盤に大きな悪いことをする−2(主人公に親しい人を害する)
(悪役Aがまだ野放しになっている時間−2)
悪役Aは終盤、主人公にやっつけられる+2(スッキリしたポイント)
集計
悪役Aに対する信賞必罰ポイントは−4

と、このように信賞必罰ポイントは悪役の行動や時間経過、処遇により変動(他にも変動要素はあります)。
今回挙げた例では悪役Aの有する信賞必罰ポイントは−で、このキャラクターに対する罰が少なくモヤモヤしたまま終わったことになります。
このモヤモヤを解消するためには悪役Aはただ主人公にやっつけられるだけでは駄目で、悪役Aのしてきた悪行を上回る悪役Aへの罰が必要という考えです。

この信賞必罰ポイントを物語終了時に累積で最低でも0を目指す。
それがカタルシスのある物語の条件ではないのでしょう。
仮に信賞必罰ポイントが+の状態で物語が終わればそれはご都合主義的な物語であったという評価がつくのではないか
などと仕事中にぼんやり考えていました。
posted by おもむろに at 13:13| Comment(0) | TrackBack(0) | むらさき

2018年04月22日

新生活

こんにちは。
昨日、今日と春を通り過ぎて初夏の陽気を感じています、むらさきです。

一応まだ4月、春です。
新生活を送る人も環境にだいぶ慣れてくる頃でしょうか。
私は先日、転勤の憂き目に会いまして通勤時間が伸びました。
転勤は悪い人間関係を一掃してくれる反面、良い人間関係も0に戻してしまいます。
そのため残るのは新しい環境になれるための労力だけになるという…苦味があります。

IMG_1501.JPG

今日は夜の橋の写真です。
橋の向こうは別の区画なんてことはよくあり、橋のこっちは新市街、向こうは旧市街なんてこも起こります。
舞台の元ネタである大阪は橋のこっちも向こうもごった煮だ感があるのですが、京都は割とその辺り如実で綺麗で整備された道路が橋を跨ぐと舗装に難あり…みたいなことがあります。
京都は観光地として有名ではありますが、観光ルートを外れると…。
意外と京都にも混沌とした部分が存在します。
posted by おもむろに at 10:25| Comment(0) | TrackBack(0) | むらさき

2018年03月31日

春爛漫

こんにちは、むらさきです。
ここ2週間ほどでしょうか…気温が一気に上がり、まさに春という気候に恵まれています。
花粉症の方はご自愛ください。
とある日に鴨川を散策していたところ桜とても綺麗だったので写真を幾つか撮ってきました。

IMG_0049.jpg

IMG_0050.jpg

IMG_0046.jpg

奇しくもその日は地域で桜の満開がニュースになっていました。
惜しむらくは耳憑鬼では春の写真使わないであろうことでしょうか…
posted by おもむろに at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | むらさき

2018年02月26日

ガメオベア

こんにちは、むらさきです。
最近ガメオベアとか言っても通じないんだなあ、なんて思いにふけております。
さて、ゲームオーバーについてですが少し考える機会があったのでつらつらと書きたいと思います。

ゲーム中プレイヤーが選択した結果によりゲームの目的が達せられなかった時、ゲームオーバーになる。
この目的が達せられなかった後、主人公や周囲の人たちがどういった状況になっていくのかを明示されると想像が掻き立てられゲームオーバーもまた楽しめるものになります。
よく言われる印象に残るバッドエンドですね。
バッドであっても、そのエンディングに辿り着いたからこその魅力を得る主人公やヒロインなど。

有名な例を出せばfateの鉄心エンドでしょう。
トゥルーエンドをこえているなどの声を今も聞きますし、シロウはこのエンディングに至ったからこそより魅力的になったように思います。
逆説的にバッドエンドの迎え方次第で登場人物をより魅力的にできるのでしょう。
posted by おもむろに at 19:07| Comment(0) | TrackBack(0) | むらさき

2018年01月26日

望んだリアルと望まないリアル

ここ1、2年の間でだいぶTS(トランスセクシャル)が浸透してきたと感じているむらさきです。
TSとは創作界隈内ではなんらかの理由によって性が転換することを言います。
(ここでのなんらかの理由とは魔法であったり、事故であったり、キャトルミューティレーションであったり様々です)
このTSを主題にしたラブコメなどが最近増えていて嬉しく感じております。
昔から一部では大人気(らんま1/2ほか)である、このジャンルを少し考えてみたいと思います。

※前提として女性が男性になる作品は守備範囲外ですので除外します。

・美少女になる
男性がそのままちん○をなくして胸を得ただけである作品は元の男性が美男子である場合を除いて誰も得しないのではないでしょうか。

・相手は男性or女性
男性がTSして女性になる訳ですから、恋愛関係に至る相手は当然…男性というわけではありません。
このTSと呼ばれるジャンルは相手の性別を選びません。(内面が男のままの場合があるので)

・女性としての生活
TS後に女性としての生活を送る…男性時との差異を感じる、これもTSモノの醍醐味だと思います。
出かける時に外見を整える、お風呂、更衣室などなど日常の中で非日常を味わえる。

これらの要素を盛り込んでいくことで変化球的なラブコメやラブストーリーが楽しめます。
個人的にはTSした主人公が片思いをしていた女性キャラを百合に堕とすような作品が好きです!(元から百合とかだとダメ!ここ重要!)
どうでもいいですね。
posted by おもむろに at 22:41| Comment(0) | TrackBack(0) | むらさき