2018年05月26日

唐揚げの油を吸うアレ

耳憑鬼 序にて、新夜の実家である神社で初登場した住み込みバイトの金髪の巫女さん、柊かすみ。
作中女性キャラでは最大の171cmの長身でスラリとした体型の美人さんですが、朗らかでゆるゆるした雰囲気のある掴みどころのない女性。
kasumi.jpg

新夜の妹のまやがある日連れてきて以来住み着いている謎多き女性。
ハンバーガー等のジャンクフード好きで、特にコンビニ弁当の唐揚げの下に敷いてあるあのパスタが好物という、割とだらしのないところもある…というか基本だらしない人です。
新夜の婆様が「ジャンクーフードを食べてるとだらしない人になる」と思うのもしょうがないね。
まやとは仲良しだけど「パスタが食べたいなら作ってあげるから」というまやに対して「まやちゃんの料理はとってもおいしいけど、あの健康に悪そうな味とはどうしても違うの」と、そこだけは分かり合えない模様。
だからいつもこっそり食べてる(そしてすぐバレる)という。
男子中学生みたいな人ですね。

キャラデザの話としては、割と開発初期の頃に描いた人です。
当時デフォルメチックな女の子ばかり描いていたボクにはただでさえ長身のキレイ系というだけで難しいのに、つり目で凛としてるのに常に眠そうな目元とか表現するのは大変でした。
苦労のかいあって、今は性格含めて「かわいい人だな」と思える姿を作中で見せてくれてます。男子中学生みたいだけど。
なんかいろいろ買い与えたくなる人だなー。
posted by おもむろに at 13:06| Comment(0) | TrackBack(0) | みょんで
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183329136
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック