2018年02月10日

残念なこと

先日ゲーム制作ツール「LiveMaker」の開発・配布の終了が発表されました。
開発再開からちょうど約1年でした。
とても残念です。


初心者でもGUI操作で簡単にゲーム制作できるこのツールのお陰で『耳憑鬼 序』を完成させられたことについて、大変感謝しております。
ただ、通常版のlivemaker2を使用していたこともあり、ツール側に用意されている機能だけでは出来ることに限りがあったり、ゲームのシステム面での完成度をあげようとするとどうしても難しくなってくるのも事実でした。

ちょうどそんな折、昨年2月頃に長らく沈黙していたlivemaker公式の開発再開がキッカケとなり、我々は耳憑鬼の制作を開発版livemaker3へと移行し、用意されてないけど自分で頑張れば実現できる部分の改良に着手していました。
livemakerは初心者に優しいツールではありますが、こういった用意されていない部分にこだわり出すと、やはりそう簡単なものでは無かったと思います。
ネットで探して解説が見つかればいいのですが、古いツールなので見つかる解説も古いものが多かったりしますし、知りたい情報を得られないことの方が多かったです。
それでも苦労の末に色々と細かいシステム周りの見た目の部分や、各種自作観賞モードの実装整備、フローチャートモードの開発実装等を少しずつ実現できていましたので、『耳憑鬼 獅』完成版からはシステム面でもそれなりにクオリティの充実した作品を提供できるのではないか、と思っていました。

今回のことはその矢先とも言えるので、残念でなりません。
元々、livemakerはwindowsOSにしか対応しておらずPC環境でしかプレー出来ないことや、古いツールかつ長期間開発が途絶えていたことから、今後livemaker製のゲームを制作していくことについての懸念は常にあったわけですが、完全に開発終了ということになってしまった以上、我々も耳憑鬼を他開発ツールに移植するかどうかの検討をしなければならないという事態に直面したわけです。


さーどうしたもんか。
ホントどうしよっかなぁ。
posted by おもむろに at 10:30| Comment(0) | TrackBack(0) | みょんで
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182380378
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック