2018年01月08日

新年2018

あけましておめでとうございます。
昨年末の冬コミでスペースにお越しいただきました皆様には大変感謝しております。
『耳憑鬼 序』の完成版配布から丸2年経過したにも関わらず、続編をお待ち下さる人がいるという事は本当に励みになります。

こちらが昨年の私の年始初記事になります。
17年はよりいい年になったかどうか。
前半はシステム周りを少し進化させることができたり、開発エンジンのlivemakerが長年の沈黙を破って更新再開したり、ノベルゲーム部さんに参加するご縁をいただけたりと、我々にとっての良いこともありましたが、後半は夏コミに落選し、冬コミには再び間に合わずと良いところ無しと言わざるをえない感じ。
トータルで見れば獅の開発が思うように進んでいない以上16年同様悔いの残る年でした。

私自身も、昨年は私生活に色んな意味での転機があり、これまでと生活環境が激変いたしましたので、耳憑鬼開発に関してはこれまで通りというわけには行かなくなってしまったということで、危機感を抱えています。
18年の抱負としては、この開発環境を改善し確実に耳憑鬼を形にしていくことだと思っています。

個人的に創作活動とは情熱だと思っています。
同人ゲーム開発には非常に多くの苦労があります。
そしてその困難を乗り越えるために最後に必要になるのは情熱です。
「絵を描くのが好き」でも、二次創作なら「原作が好き」でも、原動力は何でも良いんですが、苦労に直面したときに踏ん張れるほどの情熱がそこにあるかどうかで、創作を続けるか辞めてしまうか決まるのではないかと思います。

「耳憑鬼が好き」「耳憑鬼を完成させたい」

という情熱を、私たちは強く持っていますので、諦めずに今年も頑張っていきたいなと思います。
posted by おもむろに at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | みょんで
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182083218
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック