2017年04月15日

操作性ユーザーフレンドリー

耳憑鬼にフローチャートつけたいなと思い立ってから、いろんな美少女ゲームのシステム周りを見て回ってたんですが、最近の商業ゲーはすごい操作性よくなってますよね。

『クイックセーブ』『オートセーブ』は当たり前、自分でセーブして終了しなくても『前回までプレイした続きからスタート』できたり『次の選択肢か次のシーンまで(スキップではなく)ジャンプ(しかも未読部分でちゃんと止まる)』とか『前の選択肢か前のシーンまで戻る』とか、『バックスキップ』で過去方向にスキップすることまで出来るようになってます。
他にも『バックログから任意のセリフの位置にジャンプ』できたり、『気に入ったセリフをお気に入り登録』できたり(当然お気に入りのセリフの位置にジャンプもできる)、至れり尽くせりです。
すごいプレイアビリティがユーザーフレンドリーしてます。
さらにフローチャートも完備となるとどこからでもプレー可能すぎてもう普通のセーブいらないんじゃねぇかな。
耳憑鬼では普通のセーブと普通のスキップしか出来ないんですけど、導入予定のフローチャートモードで任意の既読シーンから自由にスタートできますのである程度プレイしやすくなるんじゃないかなーと思います。

あと地味に凄いなーと思うのは、いわゆる鑑賞モードなんですが、CGモードでタブ2を開いた状態で回想モードに移動し、再びCGモードに戻ってきたときにタブ2が開いたままになってるんですよ!
これね、色々試行錯誤してみたんだけどどうすればいいかわからない。
耳憑鬼でも何とか回想モードや音楽モードをでっち上げてますが、絶対CGモードに戻ったときにタブ1に初期化されますね。
これ何気に商業でもできてるところとできてないところありましたね。
中でも某柑橘類ソフトはさすが過ぎましたね。
かなり細かい「誰も気付かないよ」ってところまで手が行き届いてて感動しました。
友人には「そんなところ作る側の人間しか見ねぇから」って言われましたけど、こういうモノの積み重ねがクオリティを産むんじゃないかなーとも思ったり。

ウチも見習って、出来る限りCGモードの操作性改善しようとしてます。
差分の途中で右クリックしたらキャンセルされてCGモードに戻れるようになったよ!
そう、これ序では出来なかったんだよ!

伸びしろのない業界とは言いますけど、こういう感じの細かい所、10年前とか15年前からは地味だけど確実に進歩してますよ。頭が下がります。
event_benkei03.jpg
ちゃんとCGも描いてますよー
posted by おもむろに at 18:12| Comment(0) | TrackBack(0) | みょんで
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179448003
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック