2018年06月09日

貴サークルは金曜日西地区"ゆ"ブロック27bに配置されています。

というわけで夏コミ当選しました!
今年は私自身も東京に行けそうで楽しみです。



この梅雨時期、蒸し暑くなり辛い日が始まります。
創作物も、もやもやし締りが悪くなることがあります。
そこでその原因について考えてみました。

物語上、登場人物が良いことをすれば賞して悪いことをすれば罰する。
創作物でカタルシス、爽快感を得るために信賞必罰は重要な要素のではないでしょうか。
この信賞必罰が正しく行われなかった時にもやもやが発生し、締りが悪くなるのでは?と考えました。
ではこの信賞必罰を物語上に取り込む上で注意しなければいけないことをまとめてみれば役に立つのではないか…
しかし単に信賞必罰と言ってもイメージにし難い…ですので累積するポイント制にして例えを出して考えてみたいと思います。

例…
悪役Aが序盤に悪いことをする−1(悪いことしたポイント)
(悪役Aが野放しになっている時間−1)
悪役Aが中盤に大きな悪いことをする−2(主人公に親しい人を害する)
(悪役Aがまだ野放しになっている時間−2)
悪役Aは終盤、主人公にやっつけられる+2(スッキリしたポイント)
集計
悪役Aに対する信賞必罰ポイントは−4

と、このように信賞必罰ポイントは悪役の行動や時間経過、処遇により変動(他にも変動要素はあります)。
今回挙げた例では悪役Aの有する信賞必罰ポイントは−で、このキャラクターに対する罰が少なくモヤモヤしたまま終わったことになります。
このモヤモヤを解消するためには悪役Aはただ主人公にやっつけられるだけでは駄目で、悪役Aのしてきた悪行を上回る悪役Aへの罰が必要という考えです。

この信賞必罰ポイントを物語終了時に累積で最低でも0を目指す。
それがカタルシスのある物語の条件ではないのでしょう。
仮に信賞必罰ポイントが+の状態で物語が終わればそれはご都合主義的な物語であったという評価がつくのではないか
などと仕事中にぼんやり考えていました。
posted by おもむろに at 13:13| Comment(0) | TrackBack(0) | むらさき

2018年06月04日

300,000km/sで明日へダッシュ

ウマ娘(アニメ)面白いですね!
ストーリーは王道のスポコン友情モノで悪く言えばありきたりな展開なんですが、その王道展開とかお約束みないなのを凄く丁寧にやってて、意外性はないですが安心して気持ちよく見る事ができるんですよね。
王道展開を飽きさせずキッチリ面白く仕上げるのって実はとっても難しいので、毎回すごいなぁと感嘆しています。
今期のダークホース枠ですよ。
ウマだけに。


どうも、真朱麻呂です


先日、銀河英雄伝説(旧OVA版の方)を見ていたら、あの世界かなり遠い未来のはずなのにメカニカルキーボードやブラウン管モニターやフロッピーディスクっぽい記憶媒体が使われてることに気が付いたんです。
まぁ、アニメがつくられた当時には薄型液晶モニターが一般化するとか、タッチパネル入力が普及するとか考えられなかったので仕方がないんですが……気になりだすと意外と気になっちゃいますね。

こういう「現実のテクノロジーが進歩したことで過去のフィクションに描かれている世界が古臭く見えてしまう」という問題はSFでは避けて通れない、言わば運命のようなものなのです。
この運命からできる限り逃れるために「SFは遠未来が舞台でぶっ飛んだテクノロジー設定」で作るという作家さんもいるとか。
現代にあるものや、その延長にあるものを極力出さないことでフィクション内のテクノロジーが現実によって陳腐化されるのを防ぐというのは、ひとつの方法論として有りだなぁと思います。

耳憑鬼の舞台は現代なので未来系SFほどは現実のテクノロジーの進歩に影響を受けないのですが、それでも技術と製品の進化と流行の移り変わりはすごい速さで進んでいて油断はできません。
物語を作るのには時間と手間がかかりますが、現代が舞台の作品は物語を作っている間に現実世界の方が一足お先に光の速さで未来に行ってしまった……
なんてこともあり得るので><
posted by おもむろに at 12:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 真朱麻呂