2017年10月31日

料理のお話

唐突ですがみなさんは料理好きですか?

私はわりと料理好きなんです。
引越しの部屋探しの第一条件に「キッチンスペースが広いこと」が上がるくらいには。

しかし、悲しいかな我が住処はオッサンの一人暮らし。
作るのも中年男性なら、それを食べるのもまた中年男性。
作り甲斐なんてなかった!

食べさせる相手がいないと、どうしても面倒臭くなってしまいレパートリーは段々と減少。
調理も手抜きになりどんどん雑になっていく今日この頃。
うっすら危機感を覚えつつあったりします。


ところで最近はアニメでも料理の描写に凝った作品が増えてきましたね。
実は物語を作る上でも料理(というか食べもの全般)というのは便利なアイテムだったりします。

例えば
「張り込み中の刑事」のシーンがあるとして、食べているのが
「あんぱんとビン牛乳」か「バーガーとコーヒー」で
昭和の刑事モノなのかアメリカの刑事ドラマ風なのか、イメージが変わってきたり。

あるいは
「家族団らんの温かな食卓」っていう設定のシーンでも、並べられた料理が「カップ麺」では全然温かみがなくなってしまったり。

耳憑鬼で料理というと『序』で活躍したつぐみさんの特製ハンバーグでしょうか。
食欲と性欲は繋がっているとか言ったり言わなかったりしますが、個人的にあのシーン好きです。
(※『序』未プレイで「あのシーン」が気になった方はサークルHPからDLしてね)

あと耳憑鬼にはまやちゃんという料理の得意なパーフェクト妹がいるので、どこかで手料理(作:まやちゃん)のグラフィックとか入れて効果的に使えたらいいなぁ・・・なんて思ったりしています。
まぁ、耳憑鬼に関して言うと伝奇モノという非日常の色が濃いジャンルなので、なかなか日常的な食事の描写とかは扱いが難しいんですが。


―――――――――今日の一品―――――――――
毎回文章だけってのも寂しいので昨日作った料理を紹介。
『鶏肉と大根の煮物』
DSC_0148.jpg
鶏肉と大根、ニンジン、玉ねぎ、長ネギをめんつゆで煮ました。
材料切って鍋に放り込んで煮るだけでできてとってもお手軽。
かつ野菜もたっぷりとれるのでオススメです。

【レシピ】
・鶏モモ肉………………(適量)
・大根……………………(適量)
・ニンジン………………(適量)
・玉ねぎ…………………(適量)
・長ネギ…………………(適量)

・めんつゆ………………(適量)
 ※今回は濃縮4倍を水で10倍位に薄めて使用

・すりおろし生姜………(適量をお好みで)
・すりおろしニンニク…(適量をお好みで)
・塩、胡椒………………(少々)

【調理法】
1:鶏モモ肉を食べやすい大きさに切り、塩と胡椒を軽く振る
2:大根を半月切りにして隠し包丁を入れる
3:ニンジン、玉ねぎ、長ネギを好みの大きさに切る
4:材料を鍋に移し水で薄めためんつゆを適量入れる
5:すりおろし生姜、ニンニクをお好みで適量入れる
6:材料に火が通ってやわらかくなるまで煮込む
(※圧力鍋だと20分位の加熱でしっとりやわらかくなります)
posted by おもむろに at 09:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 真朱麻呂

2017年10月22日

ボクの考える理想の女の子作ったら妹になっていた…!

妹モノと言えば、オタク業界における一大ジャンルですよね。
美少女ゲームや深夜アニメなど、その創成期と呼べる頃から妹モノは確固たる勢力として存在してきました。
妹モノじゃなくても、只今主人公特典に付きもれなく一家に一台妹完備みたいな作品多いですよね。
むしろ攻略ヒロインじゃなかったとしても作中一番妹が可愛いまである。

ボクは妹モノというジャンル自体が好きというわけでも無いんですが、これまで強烈に惹きつけられたキャラクターの何割かは妹キャラであったのもまた事実でして。
耳憑鬼のキャラクターを作る際に、一人はとにかく自分に素直に作ってみようと思って生まれたのも、主人公の妹であるまやさんでして。
結局妹好きなのかもね。小さい子好きだからね。ちかたないね。

というわけで今回は和泉まやについて。
sample_ev01.jpg
丸っこいシルエットのショートボブ、ヘアピンでとめたモミアゲからチラリと覗く生え際と片耳。
作中では天保山扱いでしたがほんのり膨らみ始めたお胸(弁慶よりはある)。
うっかりJSと間違えられそうな身長(弁慶よりはある)。
等々、弁慶とはまた違ったフェチを詰め込んであります。
そして愛してくれて、許してくれて、受け入れてくれて、見守ってくれる。
世話好きでしっかりしたブラコンの妹です。太陽のような子です。

学園恋愛ゲーとかだったら、どのヒロインも攻略できずに寂しくぼっちで卒業ENDを迎えてもまやだけは一生寄り添ってくれます! 安心!
むしろ全力で他のヒロインとのフラグ折りまくってエンディング目指すまである。
可愛いからね。ちかたないね。
posted by おもむろに at 14:15| Comment(0) | TrackBack(0) | みょんで

2017年10月14日

信じるものは救われる

話題になるゲームを見ていると、キャラクターの見た目って本当に大事ですね。
そこそこ話題くらいだったゲームが、1キャラが話題になると一気に跳ねる感じ。
ストーリーの良さでは、なかなかこの跳ねる感じはお目にかかれない。

これは即売会の会場でも感じた。
第一印象は最も大きな情報。

耳憑鬼はその第一印象の情報にはこだわっているし自信もある、
とはいえ、そこはやっぱり「入り口」なので、
その入り口から中に入った所に面白いものが無ければダメ。

面白いもの、面白いものかー…

自分が面白いと感じるものが面白いものであると信じるという、それが一番なんだけど、モノづくりしてると、割りとその辺が揺らいだりすることがある。
原因は色々だけど、多分同人作品だと数字で出てこない事が一番大きい。
逆に言えば、外からの不穏当な圧力みたいなものにさらされることは少ない。

圧力、全くもって好きではないけど、案外大事だったりもする。
押さえつけられると跳ね返そうとするから。
自分を不安定にしたほうが創作意欲が高まるので、安定は嫌いという人に会ったことも有る。
きっとそのまた逆もいるだろう。

自分がどのタイプなのか見極める事、ものすごく大事だなと思う。
でも自分はまだよく分かってない。

人気のある占い師とかは、そういうタイプを見抜く才能がある人なのかなと思ったりもする。
自分がどういう人間なのかを良い感じの言葉で指摘してもらえるなら確かに有益なアドバイスだ。
いや、まったく占いとか行ったことないからわからないんだけど。

話を戻そう。
第一印象はとても大事だという話だ。
そういえば占い師もビジュアルに凝ってる。
あれも、第一印象が大事だからだ。
やはり第一印象はとても大事なのだ。
おわり。
posted by おもむろに at 02:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 桜井AJ

2017年10月05日

エモみが深い

人の感情を動かすことが感動と言うのなら、どうすれば人を感動させることができるのだろう。

分かりやすく感情の動くシーンと言えば人の死だと思います。
劇的な命の喪失はそれだけで感情を揺さぶります。
それは視聴者だったりプレイヤーだけでなく劇中のキャラへも影響を与える。
その死と言うシーンから主人公ないし他のキャラクターが成長、学び前へ進んでいく姿もまた感情を揺さぶるものになります。

自分の中でこのテーマでちゃんと語れる作品はガンダムくらいなので、具体例を交えて個人的な見解をシーン毎に分解して考えてみたいと思います。

ケース:コロニー落とし
地球の総人口を半分に減らすコロニー落としは作中、地球の人口を半分にする以外の被害は詳しく説明されず人間の愚かしさを表現する出来事と言うだけに留まっている。
歴史背景の様な扱い?

ケース:パオロ艦長の最期
正規のホワイトベース艦長の死、ホワイトベースの乗組員が独り立ちするキッカケ、頼れる大人の脱落、行く先の不安

ケース:ガルマの最期
シャア視点での仇討ち、目標の達成、ギレン視点での政治の道具

ケース:ランバ・ラルの最期
印象的な強敵の最期、生身の人間が死ぬところを見せつけ戦争がどう言うものかを実感させる

ケース:ララアの最期
戦争の無意味さ、無情さ、理不尽さ、想い人の喪失、長く続く遺恨の始まり

軽く思いつく限り書き出してみました。
作中死の与える影響には種類があり、それを視聴者が飽きないように見せていて画期的だったんだなあ…なんて。
作中のキャラクターからしたら堪ったものではない訳ですが、そこは悲しいけどこれ戦争なのよねって。
これが言いたかっただけ。
posted by おもむろに at 04:01| Comment(0) | TrackBack(0) | むらさき