2017年07月17日

同人の広報を考える(その1)

同人ゲームにおいて、最も課題・障害になるが、結果的に最も軽視されやすい部分といえば広報である。

そもそも、ゲームにかぎらず、同人の出発点・動機はおそらく8割位「作りたいから作る」というモノであり、そこに広報というものは含まれにくい。
広報をしたいから作品を作るなんて人はいないだろう。当たり前だ。
個人がアフィリエイトで稼ぐ時代になり、広報・広告の大事さというのはかなり身近に感じられるようになったと思うが、それでもやはり広報は難しいし進んでやりたいような事ではない。

そしてこれもそもそもの話だが、ほとんどのオタクは広報というものが苦手、もしくはしたことがない人種だ(異論は認める)。
部屋の隅っこで気ままに遊んで、そこにやってきた同好の士と一緒に遊ぶというのが好きな人種。

どこかの発信力のある誰かが、自分の作品を拾い上げてくれて、そこから広めてくれるというのが同人製作者の誰もが一度は思い浮かべる夢であろう。

自分の作品に圧倒的な自信があるのだから、白馬の騎士が現れるのを待つ。
……と、考える事もあるだろうが、その思考は大方「広報への忌避感からくる言い訳」であろう。

どこかから白馬の騎士が現れる事は無い。広報は自分でやらないといけない。

ならばどんな広報が効果的か。
また次のブログにでも考えてみたいと思う。(つづく)
posted by おもむろに at 21:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 桜井AJ