2016年05月31日

ぽろろろ〜ん

こんにちは。
もうすぐ梅雨の6月です。
自分は、ミミツキのテーマ曲作りということで、ずっと続けております。
最近は聞ける曲を作れるようになり、夏に間に合うように試行錯誤してます。

何においても基本が大事といいますが、作曲においても例外でなく…曲中に不協和音などの違和感が発生するのは、もれなく基本から外れた音符の配置だったりします。
こういう違和感は自分で気づくことが難しい時があります。
何度も何度も自分の作った曲を聞いているうちに音楽のゲシュタルト崩壊が起こっているのかも知れません。
そういう時は人に聞いてもらうのが一番ですね。
自分の感覚が正常でなくなっているのであれば人に指摘してもらう。
これって大切だと思います。

試行錯誤ということで一点。
作っている曲はミミツキをイメージしたものでなければならない。
このミミツキと言うダークな世界観に合った曲を作る…これが難しい。
とても難しい!

話のオチとかは特にありません。
話のオチも解決策も空中浮遊中です。

とまあ曲を完成させるべき夏はすぐそこなのにこんな基本とか難しいなどと言っていて大丈夫なのでしょうか…
自分がとても信用できません。
posted by おもむろに at 12:28| Comment(0) | TrackBack(0) | むらさき

2016年05月25日

是非も無いネ!

書きたいものを書く。

というのはもちろん基本なんだけど、それ故に難しい。
まぁ基本が簡単にデキるんなら誰もわざわざ言わないし聞いたことないよね。

自分が書きたいものを探り当てるのは難しいし、
書きたいものが書ける環境を作るのも難しいし、
自分が思ったように書きたいものを書くのも難しい。

でも、それぞれ自分がやれる範囲でやるしかない。

それなりにでもいいから好きなものを書くしかないし、
書きたいように書ける範囲で書くしかないし、
自分を納得させて書くしか無い。

まぁ、そんなふうにスパっと割り切れてなんでもできるんなら苦労しないけど!
持っているカードで勝負するしかないネ!
ブログってなんかいつもポエミーになっちゃうけど、コレがお前の書きたいことなの?って聞かれたら黙るしかないネ!
posted by おもむろに at 02:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 桜井AJ

2016年05月09日

間取り

物語を作る際に、ある場面におけるキャラクターなどの位置関係をわかりやすく表現するには、その空間を詳細にイメージ出来たほうがいいよねってことで、新夜の部屋の間取りを3Dで作ってみたりしました。
heya00.jpg
SweetHome3Dという建築設計や間取りのシュミレート用フリーソフトだそうで、知識とかなくても直感でマウスぽちぽちしてるだけで家とか作れるヤツです。
家具などのフリー素材やテクスチャなんかを集めればもっとリアルにできるみたいですね。漫画やイラストの背景資料などに使うにはもうちょっと時間をかけてソフトを使いこなせるようにならないとダメな感じですが、まぁ手っ取り早く間取りだけわかればって程度なら役立ちそう。
heya01比較.jpg
この障子のふすまとか、初期素材の洋風窓で代用してますからね。酷いモンだけど一応わかるからまぁうん。
これで新夜宅の室内で何が起こってるのかわかりやすく、テキスト表現に反映されるといいですね。
例えば序では朝、新夜がシャワーから出ると妹のまやがキッチンで朝食を作っていたシーンがあるわけですが、ワンルームの安アパートだと風呂の外は直接キッチンの前とかが基本なのに、お兄ちゃんのエッチ案件が発生しなかったのは何故かというと、カーテンで仕切られた脱衣所的な空間があるからだったわけですね。
そこそこいい物件な気もするんですが、実はこれ僕が学生時代に住んでた部屋がモデルで、当時家賃4万とかだったので、まぁ新夜が住んでても贅沢すぎる程ではないかなという感じですね。
きっと立地悪いとか単純に古くてボロいとかでもっと家賃安いんだと思う。
posted by おもむろに at 06:23| Comment(0) | TrackBack(0) | みょんで

2016年05月05日

GW

日の暖かさにやられてバイクで嵐山まで出ました。
その時の写真を…

01d41330f95230bd8e97d6f2b3ec0ce395536cee1e.jpg

はい

嵐山の山中です…

不意にバイクで嵐山を駆けるとみるみる景色が変わり終いにはこうなりました。
山の道路は苔や落ち葉が散乱していてとても怖かったです。
綺麗な道路のありがたみが身にしみます。

とまあそれはさておき、

01ba29af1670064938a298d282115233e9de036434.jpg

普通の嵐山も置いておきます。
posted by おもむろに at 01:23| Comment(0) | TrackBack(0) | むらさき