2016年03月26日

オオッ、ホントにでけえな! オオッ、ホントにでけえな!

耳憑鬼のキャラクター紹介ページ(http://omomuroni.sakuraweb.com/mimitsuki/character.php)にて、キャラクターを2人新たに公開いたしました。

一人は序の終盤にチラっと登場したお姉さん。
もう一人が序の序盤に会話の中でのみ言及されていたキャラで、まや曰く「色々すごい」、新夜曰く「エベレスト級」と評されたまやのクラスメイトの六原綺音ちゃん。満を持して立ち絵登場です。
中◯生にして作中トップクラスの立派な果実を2つお持ちです。
自分史上でも最大レベルのはずです。
いやー立派立派。
chara_ayane_a比較.jpg
右側は2012年頃に描いた立ち絵、左側が新規です。
序では出番がありませんでしたが、続編では主要キャラの一人として登場するということで、この機会にリニューアルしました。
以前の絵は改めて見ると流石に厳しかったもので…。
しかしその甲斐あって以前にもまして立派になったのではないかと!
大きい子ってめったに描かないので苦労したんですが、しかしその手の絵を専門にしてる絵描きさんたちと比べるとこれでもまだまだ小さい方なんですかねー。
奥が深いな、おっぱいは。
posted by おもむろに at 13:22| Comment(0) | TrackBack(0) | みょんで

2016年03月22日

机の上の戦争

暇になるとpcでネットサーフィンをし、無駄に時間を浪費するのが癖になってます。
その暇な時間を使って作業を行えって話なのですが、中々手が動かないです。
根性でその無駄を消し飛ばすには、これまでの怠け癖上難しいので別の解決策をと足掻いています。
そこでこの一点。
「PCに張り付く習慣を利用して目に見える所に作業に移れるキッカケを置いておこう」
というものです。
これに気付いたのは趣味のプラモ作りに入る際のキッカケでした。
日中PCに向かい合ってる際、デスクトップ上で常に表示させているツイッターのリストにプラモデルのリストがありました。
これが目に入ると徐々にプラモデルを作らないと…なんていう使命感がもりもりと湧いてくるのです。
この習性を作業にも転用できるのではないか?そう思いました。

効果の程は…これから実証します。
posted by おもむろに at 02:03| Comment(0) | TrackBack(0) | むらさき

2016年03月14日

いろいろ準備中

同人活動って、案外作品づくり以外の部分が案外大変。
手にとってもらう為に、イベントに参加するとか、ダウンロード販売するとか。
(耳憑鬼もいずれダウンロード販売を開始する予定です)

まぁ今では便利になっているし、割りと至れり尽くせりな感じではあるんだけれど、でもやっぱり事務仕事的なものは消え去らないし、知ってもらう為には広報活動も大事。
例えばこんな風に宣伝動画を発表したり。


しかし大変とはいえ、こういうものづくりから売る事までを包括的に行うというのは醍醐味でもあったりして、その都度、先人たちやプロフェッショナル達の偉大さとかいろんな事を感じられて楽しかったりもする。(打ちのめされる事が多いけど)

耳憑鬼も色々と紆余曲折ありつつも進んできて、楽しいやら大変やらだけど、とにかく続ける事が大事だと思うので楽しみながらやりたいなぁと思う次第。
…でもシビアにやらなきゃいけない所もあるよなぁとも思う事もあったりして、…まぁいいか。
posted by おもむろに at 21:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 桜井AJ

2016年03月05日

説明って難しい

先日の序のアップデートパッチは当初ver1.02の予定でしたが、思っていたより大規模な作業になったためver1.10となりました。
特にシナリオ面では広範囲に加筆修正を入れているので、既に1.00を読了済みの方は「あれ?」となるところが出てきて混乱を招く部分もあるかもしれませんが、結果的には序の完成度は大幅に上がったのではないかと思うので、読了済みの方も出来れば是非パッチを当てて再プレーしてもらえると嬉しいです。
ミスも出来る限り潰したつもりですので、今後また要修正部分が出て来なければ、序に関しては開発終了ということで、続編の開発に移っていく予定です。

また、耳憑鬼のゲーム概要ページ(http://omomuroni.sakuraweb.com/mimitsuki/overview.php)を更新しています。
耳憑鬼はオリジナルの架空存在ですので、タイトルやパッケージを見てもどんなゲームなのか、なんの話なのかというのが分かりづらいという問題があるのですが、今まで「これを見たらわかる」というわかりやすいものがなかったので、今更ですがウェブページとして作ってみました。
それから冬コミでタブレットを使って流した宣伝動画もうpしたのでHPを見てもらえばだいぶ耳憑鬼ってなんなのかわかるようになってきたのではないかと。
人に物を伝えるのって本当に難しいですね。
「ゲームをやってもらえればわかる」と思ってしまう部分がやっぱりどうしてもあるんですが、やってもらうためにまず何を伝えるのか、興味を持ってもらうために何をどうするのか、というのがやっぱり大事で、そして一番難しいんですよね。
chara_ayane_b.jpg
次の話で活躍(?)する子の立ち絵ラフ。JCおっぱい。
posted by おもむろに at 09:10| Comment(0) | TrackBack(0) | みょんで