2018年04月14日

オクジョー・スモールトーク

学校というのは教師にでもならない限り学生時代しか通うことを許されない特殊な空間。
でも誰もがそこで毎日生活した経験があるため、創作においては日常を表す定番舞台装置と言えます。
学園モノや日常系は言わずもがな。
非日常モノでも、学生主人公ならその背景には学校生活という日常を持ってます。

そんな日常空間である学校の中にあって、どこか特別で異質な空間というのがいくつかあります。

使われていない空き教室とか、
授業がないと行くことのない特別教室棟とか、
普通に生活してたらあまり行く機会のない保健室とか、
下校時刻過ぎて残ってたら怒られるから誰もいないはずの放課後の校舎とか、
ホラー小説とかでしか見たことのない木造の旧校舎とか、

小学校入学から高校卒業までで12年間も生活するのに妙に馴染みの薄い場所。
そういう場所はなんとなくいつもと違った感じ、非日常的な雰囲気があってソワソワします。
放課後の校舎とか、同じ場所なのに時間帯によって性質が反転するとこなんかは面白みがあって好き。


そして、こういう場所の中でも一際よくネタにされる場所こそ、屋上という気がするのですね。

現実では立ち入り禁止にされてることが多いけど、創作の中では屋上は普通に開放されていて昼飯食べたりサボったり告白したりされたり謎ヒロインと出会ったり飛び降りたり電波が届いたりコスプレして口笛吹いたりとエピソードに事欠かない。
入り口がだいたい1つしかない閉鎖的な空間で、誰にも見つからない場所で、落ちたら死ぬ危険な場所で、でも空が近い開放的で気持ちのいい場所。

不思議で素敵な非日常空間としては学校の中でも随一じゃないだろうか。
だから創作の中で上手く舞台装置として活かせている作品を見るとちょっとうれしくなります。


地に足を付けて生きている我々人間にとっては、高い場所、というだけで非日常性があるものです。
摩天楼とか観覧車とかジェットコースターとかさ。
地続きじゃないのがいいんだろうか。

でも、いざ自分たちの作品に屋上出そうとするとこれが中々難しい。学校どころかそれ以外の屋上でも難しい。
背景に使う写真素材が滅多に見つからなかったり、撮りに行こうとしても場所の当てがなかったり、意外と狭かったり、周りの建物の方が高くて開放感低かったり、結構人からすぐ見つかりそうだったり、あと高くて怖い。

なんとなく現実のつまらなさを思い知らされる場所でもある。それが屋上。
okujo.jpg
とあるビルの屋上。
posted by おもむろに at 12:16| Comment(0) | TrackBack(0) | みょんで

2018年04月08日

作業場所を探す旅

散歩がてら、作業場所を探す旅。
条件としては、電源があって長時間いても大丈夫な場所。
検索してヒットした中之島図書館へとやってきた。

IMG_20180404_175103.jpg
建築自体もなかなか格好良さげで、ゲームの背景に出したくなる感じ。

IMG_20180404_180351.jpg
中もなかなか雰囲気のあるデザイン。

ハンナでも出てきそうだ。
flash.jpg
…でも床は結構ギシギシ鳴ってた。
よく建て替えとかの問題になる歴史ある建物も、中に入ると床板がギシギシ鳴ったり腐ってたりするんだろうな。

この図書館、なんだかんだで片道自転車40分くらいかかるので、作業スペースとして利用するとしてもちょっと散歩したいって時に限る感じになりそうだった。
あと、帰りに雨に降られて軽く体調崩した。
創作には健康が必要なので注意しよう。
posted by おもむろに at 07:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 桜井AJ

2018年03月31日

春爛漫

こんにちは、むらさきです。
ここ2週間ほどでしょうか…気温が一気に上がり、まさに春という気候に恵まれています。
花粉症の方はご自愛ください。
とある日に鴨川を散策していたところ桜とても綺麗だったので写真を幾つか撮ってきました。

IMG_0049.jpg

IMG_0050.jpg

IMG_0046.jpg

奇しくもその日は地域で桜の満開がニュースになっていました。
惜しむらくは耳憑鬼では春の写真使わないであろうことでしょうか…
posted by おもむろに at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | むらさき

2018年03月24日

良い嘘つきになろう

先日、定期健診で病院へ行った際の会話

医師「ナトリウムの血中濃度がすごい低いんだけど大丈夫? ってかよく自力で病院来れたね(真顔)」
真朱「マジすか……(確かにこのところ体調あまり良くなかったからなぁ。でもそんなに重症だったのか)」
医師「……あ、ごめーん検査の数値、いっこ上の項目と間違えて見てたわ。なんともなかったわ(笑顔)」
真朱「は?(真顔)」

言動に多少の脚色はありますが、このお話はノンフィクションです。

どうも
真朱麻呂です。

いきなりですが耳憑鬼はフィクション、つまり虚構です。
虚構の意味を手元にあります広辞苑という名の鈍器で調べますと

【虚構】
事実でないことを事実らしく仕組むこと。
また、その仕組んだもの。作りごと。フィクション。
「――の中の真実」

このように定義されています。
この「事実でないことを事実らしく仕組むこと」というのが設定とシナリオの肝心なところでして、良い設定と良いシナリオが揃った物語というのは、それが虚構だと初めからわかっていても人々の心を打ち震わせ、キャラクターたちは例え物語が終わりを迎えても多くの人達から愛され続けます。
いかに上手く虚構を構築できるか。
つまり、いかに上手に嘘をつけるかが重要になってきます。

では上手に嘘をつくためには何が必要か?
それはその分野の正しい知識です。
流行のフェイクニュースだってそうです。
記事の内容はほぼ100%嘘だったとしても、ニュースに出てくる人名や固有名詞や役職までデタラメだったら誰も信じませんよね?
物語を創るときもそれと同じです。
物語に説得力を持たせるには、最低限は押さえておかないといけない知識というやつがあるのです。
例えば超能力を出すなら超能力について、魔術をだすなら現実世界に存在する魔術について、ある程度は知っていないといけないという具合に。
当然、自分の頭の中にある知識だけでは限界があるので、そうなるとちょっと小難しい資料なんかも読む必要がでてきます。


ちなみに超能力も魔術も現実の世界で学術研究の対象として真面目に研究されてたります。
まぁ、どっちもニッチな分野ですけど!


閑話休題

嘘という言葉には、どうにもよろしくないマイナスなイメージが付きまといます。
確かに嘘を真実と誤認させて人を騙すのは悪いことです。
詐欺にしてもそうですし、誤情報による意図的な情報汚染なんかもそうです。
そういうものは人の生活や心を傷つけ社会を荒廃させます。

でも娯楽としての物語は、虚構であっても悪いものではありません。
むしろ人の生活や心を充実させ、社会を豊かにします。
そもそも虚構だと、嘘だと最初からわかった上で楽しんでもらうわけですから。
なので耳憑鬼という数多あるフィクションの中のひとつをつくる一員としてもっと上手な、良い嘘つきになりたいなと思っています。



Amazonで仕入れた大量の資料から目をそらしつつ……
posted by おもむろに at 08:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 真朱麻呂

2018年03月10日

あやぱい

獅で初登場する六原綺音ちゃん。

長く綺麗な髪、切れ長の涼し気な瞳、静かな佇まい、可憐で清楚な大和撫子。
年齢にそぐわぬ破壊力を持った2つのたわわ。
そして新夜曰く「よく似ている」少女。

ayane.jpg
耳憑鬼のヒロイン勢はあんまりおっきい子いないので、それを一人で補って余りある感じにこの子はおっきいですね。
やったぁ!
でも一応正統派の美人というイメージでデザインしています。
巫女服とかすげー似合いそうな感じです。
髪型は構想初期はストレートロングヘアだったりしたんですが、色々あって一本結びに。
あと初期は年上だったんですが、色々あって年下に。

真面目で頭のいい優等生かつ美人という完璧超人みたいな子ですが、そういう自分を望まれてるから無理して頑張ってるという闇を抱えた子でもありまして、そういう部分が「似た」雰囲気を醸し出す一因かもしれません。

以前書いた記事で触れた通り一度描き直しているんですが、その際に「似させる」ことを意識してます。
表情から憂いや影のような雰囲気を若干でも感じてもらえたら嬉しいですねー。
posted by おもむろに at 19:33| Comment(0) | TrackBack(0) | みょんで